アフィリエイトで一緒に稼ぐ教え子さん募集中

アトピー性皮膚炎のスキンケア?


こんにちは☆

今日はアトピーの人のためのスキンケアについて書いていきます☆

アトピーのスキンケアって?

アトピーの人のスキンケアは

とっても大事になってきます。

アトピーの症状をしっかりコントロールするには、

炎症を起こしている部位をしっかりなくした後に

悪化因子をできるだけ少なくし、

スキンケアを行うことがとても大事です。

アトピーの人の特徴は乾燥肌!

乾燥肌は皮膚のバリア機能が弱い状態なので、

異物などが肌の中に入りやすいため

炎症が起こりやすい原因になります。

スキンケアをきちんとすると肌が健康な状態を保ち、

悪化因子などからの影響を軽減してくれます。

スキンケアをするのに代表的な保湿剤

白色ワセリン・・石油から作られています。
日常生活でよく使うものにも使われていて、
ハンドクリーム、リップなどにも使われているようですね。
ワセリンは水分を肌に与えるのではなく、
肌から水分を逃がさないように守る働きがあります。

ヘパリン類似物質製剤・・あまり聞きなれない気がしますが、
ヘパリンってすごいんです。
乾燥の治療に50年も使われているんだって。
基礎の細胞に働きかけて、弱っている細胞を修復し
肌の中から治してくれます。

尿素製剤・・もともとからだの中にある尿素を増やし、
保湿をしてくれる働きがあります。
尿素は水とくっつく性質をもっているので、
水分をみつけては連れてきてくれるので、
尿素が入っているクリームを塗るとその水分で
肌に潤いを与えてくれるということですね。

具体的なスキンケアってどうやるの?

まず、スキンケアの基本というのは、

皮膚を清潔に保つ、乾燥をしないように保湿剤を塗る、悪化因子を減らすことです。

皮膚を清潔に保つためには

毎日の入浴

汗をこすらないように綺麗に流す

油分を綺麗に流してしまうような石鹸などは避ける

あんまり高温すぎるお湯には入らない

入浴が終わった後はなるべく早めに保湿剤を塗る(出来れば半乾きの状態で塗ってあげるとそのまま水分を閉じ込めてくれるので効果的です)

皮膚の保湿には

保湿剤を塗る

入浴後は特に入念に塗る

悪化因子を減らすためには

部屋を清潔にして、湿度が下がっている状態にしないで適切な湿度に保つ

買ったばかりの肌着は洗ってから使う、柔軟剤に気をつける

また夏場と冬場でのスキンケアの仕方も違うので、

注意が必要です。

夏場は汗をかきやすいので、

吸収性のよい服を着るようにして汗をかいたらシャワーをあびるようにする。

冬場は乾燥しやすくて、

粉をふきやすいのでこまめにしっかり保湿剤を塗るといいですよ^^



病院の薬はもちろんですが、
こちらの商品は私も使っていますが結構オススメですよ^^
ふわふわの泡が出てきてスーッとなじむ感じです☆

アトピーの大人の方にも効くようですよ~♪









私は2人の娘を子育てしながらアフィリエイトで稼いでいます!

私と同じように今いる環境を変えたい人

アフィリエイトに興味を持っている人、

働きに出たいけど出れない方

どうやって成果を出したか気になる人は

是非是非ご気軽にご連絡ください☆

一緒にアフィリエイト頑張ってみませんか?^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。